在庫最適化

在庫適正化

なぜ?在庫適正化が必要なのか? -Why-

・ミニマム在庫経営実現の究極の目的は、「スループット最大のスピード経営」

 

・「在庫」は企業活動の本当の悪さを隠して企業を衰弱させる」「悪魔」

 

・企業活動全体の悪さが在庫に出る。したがって在庫削減には企業活動全体を視野

 に入れた「プロセス改革の視点」、特に「全体最適の視点」が不可欠

 

・一過性の在庫削減ではなく、ゆるぎない・たゆみない在庫削減のためには、在庫

 を恒常的に低減させる「仕組み作り」が何より大切

 

・実際には、在庫は「需要の波と供給の波の相違」から発生する。つまり、在庫削

 減は需要と供給の同期化を阻害する根本的な原因をまず明確化すること、そして

 原因別に供給を需要にいかに合わせるかが鍵となる

 

 

 
 

コンサルティングの視点・考え方

 

   1.  自律的に振舞い、継続的に在庫削減するあるべき仕組みづくりを支援

 

  2.  業務の機能を遂行する上で、人手でやるべきことを明確にし、個々の

 

       在削減課題の実施、定着につながる目標や指標を定義

  

  3.  最適在庫のあるべき姿、在庫削減に向けた有用な視点を提供

  

 4.  独自方法論、在庫超削減3つのアプローチを活用                                   

    

                 

          

        

      zaiko-2.png

 

コンサルティングのポイント

 

経営目標と最適在庫のあるべき姿の

明確化

活動の原点である経営目標や経営課題から、仕組みを抜本的に見直し、プロセス改革による「ミニマム在庫経営」を目指し、将来向かうべき方向とその姿を明確にする
経営と現場の共通の立脚点を確立 経営層-管理層-現場にわたる思い(問題認識)を活用し、活動の効果を最大化し、改革の実行につなげる
在庫に関する事実やデータを調査 在庫分析する方法論を提供し、その結果をもとにあるべき姿にむけたボトルネックやギャップを効率的に、もれなく、だぶりなく整理する支援を行う
未来の在庫も最適化できる人づくり プロジェクトメンバーと一丸となり、来期及びそれ以降の未来に向けた在庫にまつわる課題を明確にし、打ち手を実行できる人材育成も行う
 

コンサルティングの進め方 -Project Step -

zaiko_image01.png

 

在庫削減の基本:在庫発生の根本問題は何かを明確化。 

部門横断的な全体最適の視点で、問題の本質を理解し、共有する。

zaiko_image02.png 

製品計画・販売特性と生産管理の関係を決定する。

製品計画:顧客要求をものと想定する製品の供給計画を立てる。

販売特性:顧客の購入プロセスに合わせた販売の特性を把握する。

生産方式:製品計画・販売特性に合わせた生産の方式を確立する。 

 zaiko_image03.png

アプローチ1.在庫定義:在庫の要因別、目的別定義による意味づけをする。

アプローチ2.在庫5S:在庫のあり方を決め、それを実行し、あるべきあり

       方に合わせ、見える管理を実現し、人と組織に根付かせる。

アプローチ3.在庫3I管理:PDSサイクルにおける課題と3指標

       (Indicators)の管理を導入する。

 zaiko_image04.png

自律的な自己完結の機能の仕組みにプロセスを再構築し、需給センターを中心としたSCM全体最適統制管理と合わせ、恒常的な在庫削減に向けて、改善を繰り返し成長する企業に進化させる。

下三角
ライン

コンサルティング・メニュー


        ①最適在庫診断

 

        ②最適在庫運用業務プロセス改革支援

 

        ③最適在庫管理システム導入支援

 

        ④最適在庫運用人材育成 

ライン
 
 

 

                    お問い合わせはこちら.jpg 

  • セミナー予約・詳細はこちら
  • マネジメント・コンサルタント
  • 公益社団法人全日本能率連盟(全能連)認定のマネジメント・コンサルタント(MC)、マスター・マネジメント・コンサルタント(MMC)が、多数在籍しております。
  • ジェムコのコンサルティング事例
  • 課題に対する取り組みと効果・成果をご紹介。