HOME > ジェムコの強み > イチ推しワークショップ_TOP > イチ推しワークショップ_価値創出支援

イチ推しワークショップ 価値創出支援

価値協創ガイダンスを活用した、未来に向けた価値創造の支援 

 

       
                     
           


        
        
   (※2) 

  パラダイムシフトが急速に加速するなか、これから日本企業はどのようにして事業・商品の
  新たな方向性を選定
し、未来のポジショニングを確保すればよいのでしょうか?

  そのためには、未来における新しい価値~Future valueを、未来を担う日本企業自らが創出
  できるようになるこ
とが、新たな方向性を選定する重要なカギになるのだと、ジェムコ日本
  経営は考えています。


  成長分野を牽引する新たな価値創造の流れに沿って、世界規模で企業の陣取り合戦が始まっ
  ています。


  未来に向けた価値創出支援とは、Society 5.0(※1.)や第4次産業革命にともなう新たな価
  値創造の流れと産業
構造の変化を正しく捉える独自ノウハウを伝授しながら、日本企業の将
  来に向けた正しい舵取りを強力にサポー
トする、新しいコンサルティングです。
 
  本ワークショップは、価値協創ガイダンス(※2.)を活用し、実施します。


  ※1.Society 5.0:サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、
  経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)。
  狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続
  く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提
  唱されました。(内閣府Webサイトより引用:http://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/index.html
 
  ※2. 「価値協創ガイダンス」とは、企業と投資家を繋ぐ「共通⾔語」であり、企業(企業経営者)にとっては、
  投資家に伝えるべき情報(経営理念やビジネスモデル、戦略、ガバナンス等)を体系的・統合的に整理し、情報開
  ⽰や投資家との対話の質を⾼めるための⼿引です。
  各企業は、本ガイダンスの各項⽬を形式的・固定的に捉えることなく、⾃社のビジネスモデルや戦略にとって重要
  なものを選択し、これを⾃らの価値創造ストーリーに位置づけるなどして、本ガイダンスを活⽤することが期待さ
  れています。
 (経済産業省Webサイトより引用:
   http://www.meti.go.jp/policy/economy/keiei_innovation/kigyoukaikei/ESGguidance.html

  価値協創ガイダンスロゴマークについては、同ロゴマーク及び「価値協創ガイダンス」の取組を広報・促進するこ
  とを目的として使用しているものであり、本Webページに掲載されている情報について、経済産業省がその内容を
  保証するものではありません。


 
【本活動の期待効果と特徴】


■ これからの事業・商品の新たな方向性をアウトプットできます。
  目的別に取り組みやすいワークショップをご用意していますので、価値創出スキルを身に付け 
    ながら目的に見合った成果を追求することができます。

■ 価値創出のための独自ノウハウをご提供します。
    ジェムコ日本経営が50年間にわたり培ってきたコア技術である価値設計・機能構造論を中心と
  し、各方法論の基礎知識と実践方法をご提供します。

■ 国連や日本における政策情報を大いに活用します。
    目先の変化や単なるトピックスではなく、 国連や日本の政策情報をはじめとするSociety5.0
    &第4次産業革命に向けた堅実な情報を、独自にわかりやすく整理してご提供します。

【支 援 項 目 例】

 a.ビジネスのマクロ環境把握ワークショップ            
 

 目 的:Society 5.0&第4次産業革命にともなうマクロ環境トレンドを分析し、自社の機会・
   威を検討する。

 
 活動例:ビジョン・中期経営計画の事前検討、社会状勢の俯瞰と機会・ 脅威の検討、次世代リー
   ダー研修


 ★ 費用:240万~ ★人数:16名まで ★期間:2~3ヶ月

 
 b.ビジョン構想ワークショップ/ワールド・カフェ     
 

 目的:Society 5.0&第4次産業革命にともなうトレンドに対する競合の状勢と自社の適応状況
  を分析し、自社のこれからの方向性を検討する。

 
 活動例:ビジョン・中期経営計画の骨子の立案、次世代リーダー研修

 備考:a.のワークショップの結果が必要です。

 ★費用:180万~ ★人数:16名まで ★期間:1~2ヶ月

 
 c.ビジネスモデル構想ワークショップ                      

 目的:Society 5.0&第4次産業革命にともなう新しいサービス技術・ビックデータ・製
品技術を
   用いた価値創造の状勢を分析し、既存の自社技術・製品・サービスを起点に新し
いビジネスモデ
 ルを検討する。


 活動例:事業戦略策定の事前検討、ビジネスモデルの立案、次世代リーダー研修

 備考:a.もしくはb.のワークショップの結果が必要です。

 ★費用:300万~ ★人数:16名まで ★期間:3~4ヶ月

 
 d.商品構想(テーマ出し)ワークショップ                
 
 目的:Society 5.0の実現手段となる新たな社会システムのニーズを 分析し、既存の自
社技術・
 製品・サービスを起点に自社の商品を構想する。

 
 活動例:事業戦略に向けた事前検討・年度の商品開発テーマの立案、次世代リーダー研

 ★費用:480万~ ★人数:16名まで ★期間:4~5ヶ月

 
 e.事業構想ワークショップ                                     
 
 目的:新しい技術・商品を起点に、ビジネスの成功要因を分析し、新事業を構想する。


 活動例:既存事業戦略に向けた事前検討・新規事業の立案、次世代リーダー研修

 備考:d.商品構想(テーマ出し)ワークショップと同じ内容を含んでおります。

 ★費用:660万~ ★人数:16名まで ★期間:6~7ヶ月
 
 

【これからの社会情勢におけるジェムコ日本経営の見解】

1.パラダイム・シフト

IoT、ビックデータ、AIなどのCPS(※2.)技術が起爆剤となり、Society 5.0に向けた第4次産業革命が急速に進んでいます。企業にとっては、これからの事業・商品の新たな方向性を選定する分岐点になっています。


※2.CPS:サイバーフィジカルシステムとは、実世界(フィジカル空間)にある多様なデータをセンサーネットワーク等で収集し、サイバー空間で大規模データ処理技術等を駆使して分析/知識化を行い、そこで創出した情報/価値によって、産業の活性化や社会問題の解決を図っていくものです。

(電子情報技術産業協会Webサイトより引用:https://www.jeita.or.jp/cps/about/) 


2.新たな価値創造の流れ・企業の陣取り合戦

成長を牽引する新たな価値創造の流れに沿って、産業が再編されて行く第4次産業革命、世界規模で企業の陣取り合戦が始まっています。企業は、新しい価値を取り込み・創出することで、新たなポジショニングを確保すべき時期にあります。

参考:大きな変化が起きている領域

15の社会システムとCPSを起点として、第4次産業に向けた新しい価値創造の流れが始まっています。

 
bg_develop_top.jpg
ジェムコの強み
 
NEW
ヒトづくり
develop_line.gif
 
   
NEW
モノづくり
develop_line.gif
 
   
NEW
コトづくり
develop_line.gif
 
 
bg_develop_bottom.jpg