HOME > ジェムコの強み > 人材・組織開発 > JEMCO Business College > ASEANで成功するグローバル人材・組織開発実践講座」

「ASEANで成功するグローバル人材・組織開発実践講座」 

開催日時 / 会場 / その他の講座概要   Fin.png

開催日時 2015/6/24(水) 15:00 ~ 17:30(受付開始:14:40より)
会  場 株式会社ジェムコ日本経営 セミナールーム
受講料

無料【特典】①ASEAN人材組織開発の展開資料②ASEANでのグッドボスガイド

対象者

・ASEAN各国での現地人材・組織強化策をご検討されている経営者

・ASEAN現法の支援をご担当されている経営企画、海外事業部門、

  人事部担当責任者

特徴

・現地動画視聴、資料提供  受講者同士の情報交流あり

   

              ⇒お申し込みはこちら  

 
      
   

セミナー概要

アジアでの事業展開を成功に導くには、自社国内の経営戦略と現地マネジメントを融合させることが必須です。

しかし、現地の特性に合わせての交渉事やマネジメントを推進するためには、企業希望の大小を問わず、乗り越えることが

難しい”大きな壁”が存在します。

ASEAN市場に食い込んでいくには、現地人財との密接なコラボレーションを組んでいく新たな発想が必須となっています。

同時に、現地で利益を確保し、現地コア人財を育て上げる人財育成力も求められます。

本セミナーでは、ASEANにおける人材組織戦略を構築する際に盲点となっている現地流リーダーシップの黄金律、講師収録の

現地動画で紹介し、日本仁と現地人が当事者意識を共有することが困難な核心原因を示します。

また、現地課題を吸い上げ日本へ還流し、成果が蓄積して自社版の「現地リーダーシップガイド」へ結実してゆく仕組みを

わかりやすくご案内致します。

  

当日スケジュール

15:00~    
  1.  
  1.  1.グローバル経営戦略と
  2.        異文化マネジメント
  3.   (講義とビジュアル)
  1. ■ASEAN成長戦略と組織・人事における課題
  2. (ジェムコ:森岡琢)
  3. ■日本企業のグローバル課題の核心部分       
  4.   
15:30~    
  1.  
  1.  2.有能人材の流出:失敗と教訓
  2.   (ビデオ事例研究と解説)
  1. ■北京・東京ロケの現地法人事例・・・視聴と振り返り
  2. ■現地社員と当事者意識を共有できない核心原因と対応法
16:00~    
  1.  
  1.  3.ASEANに自社流を根付かせる
  2.   (現地インタビュー視聴と
  3.        解説)   
  1. ■ASEANにおけるグッドボスの黄金律
  2. ■最貧国ミャンマーから新興国の意識を知る
  3.   
16:30~    

            

 4.ASEAN人材組織開発(AMLI)

      の展開方法

■日本と現地の同期施策:はずしてはならないポイント

■現地課題の吸い上げ~現地リーダーシップガイド編幕の展開事例

■質疑応答・フリーディスカッション

  1.     
 

講師紹介

 

講師 : 河谷 隆司(かわたに たかし)

 

  1. [プロフィール]

 

株式会社ジェムコ日本経営パートナー:グローバルマネジメント・コンサルタント

 

(株)ダイバーシティ・マネジメント研究所代表取締役

ASEANマネジメントコンサルタント

 

◆1986年に異文化コンサルタントとして独立したパイオニア。17年間クアラルンプールで異文化マネジメント事業を展開し、現在、世界4極で日系企業向けの研修・調査を実施中。産能大学国際部講師、マレーシア戦略国際問題研究所・客員研究員等を経て現職。世界人材開発会議よりグローバル人事優秀賞受賞。

 

最新刊

「Winning Together at Japanese Companies」

「アジア発 異文化マネジメントガイド」

 

著書多数。

 

www.diversityasia.com 

 

 

 
 
 
 
 
 
 tutumi.png
 
   

              ⇒お申し込みはこちら  

 
      
   
  • セミナー予約・詳細はこちら
  • マネジメント・コンサルタント
  • 公益社団法人全日本能率連盟(全能連)認定のマネジメント・コンサルタント(MC)、マスター・マネジメント・コンサルタント(MMC)が、多数在籍しております。
  • ジェムコのコンサルティング事例
  • 課題に対する取り組みと効果・成果をご紹介。